インド・中央銀行の声明に対し、現地コミュニティが抗議の声

現地コミュニティが抗議の声

インドの中央銀行であたるインド準備銀行(RBI)が、4月5日に発表した声明に対し、現地のコミュニティは抗議の声をあげている。
インターネット上ではRBIへの請願書が作成され、賛同者の署名は18,000件を超えて現在も増え続けている。


スポンサーリンク

国の後退を憂う

4月5日の声明は『RBIによって監督されている事業体は、仮想通貨を扱う企業・個人に対して「サービスの提供等を行ってはならない」』としたものだ。

これは実質的に、投資家が銀行から仮想通貨取引所への入金を阻む内容だ。

この声明に対し現地のコミュニティは、世界的な普及の過程にあるBlockchain技術の不可避性を指摘し、インド政府に対して過剰な規制で発展を阻害するのではなく、技術の成長を促す適切な枠組みの採用を求めている。

多くのメリットを捨てる事に繋がる

雇用の機会

請願書では、多くの若者に雇用の機会を提供しているブロックチェーンという概念へのサポートを要請しています。

『政府の仕事は次世代の技術を促進し、革新を促すことです。ブロックチェーンや関連会社に就職した若者は何万人もいます。これは雇用率を向上させることができなかった政府にとって、重要な事実です』

政府への潜在的な収入

仮想通貨取引、ブロックチェーン関連企業は、収益性の高いビジネスモデルを持っています。
これは政府にとって潜在的な多額の収入の機会です。
既に多くの取引所や利用者は、厳格なKYC要件(本人確認など)に準拠して運営されています。


この他にも、政府の姿勢は次世代を支える技術者が国を離れる結果につながり、インドが世界から遅れを取る結果を生むと評している。

『概念としてのcryptoとブロックチェーンを止めることはできません。それに参加するのか、取り残されるのか決めることができます』


ウホー けっこう辛口な言い方だけど、納得できる部分は多いウホね

この他にも、政府が発行を検討している国主導のデジタル通貨との不公平性などにも触れられていました。
RBIの声明の内容についても、管理人の印象では「単に不便で面倒が増える」という印象でしたし…現地の人達も似たような印象なのかもしれませんね。

なんか意地悪してるような感じもしたウホ

規制や枠組みの整備について、何をすれば「100%正解」なのかは誰もわかりませんし、常に現状と照らし合わせて妥当なのか検討し、改善していくことは必要ですよね。

インドの動向は引き続き注目ですね!

(`・ω・´)ゞ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.change.org
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す