インド・ビットコイン取引量が急激に増加

インド・ビットコイン取引量が急激に増加

最近の複数の報道によると、インドでは主要取引所での、取引量と登録ユーザー数の急激な増加が確認されています。

仮想通貨への関心の高まりは、世界中のあらゆる国々に広がっており、インドの経済誌や地元刊行物によると、インド国民や投資家はビットコインに対して『強気である』と評しています。

現地の取引所Coinsecureの重役:Vivek K

『現状、Coinsecureには多くの登録申請が行われており、直近1週間だけでも、登録件数が倍増しています』

ウホー!この1週間でユーザーが「倍プッシュ」ウホね!

個人・投資家が続々参入

取引所Unocoinでは、1日当たり5000人のユーザーが新規登録を行っており、取引プラットフォームのユーザー数は[10万人から70万人]に増加しています。

また、これらの新規登録者のほとんどがアクティブなトレーダーになっていると説明されており、投資家達もビットコインに市場に参入していると関係者は語っている。

純資産価値の高い個人・商社・企業が仮想通貨への投資を探索しています。

チャートを研究する経験豊富な株式トレーダーやアナリストは、仮想通貨市場の価格の変動制に大きな興味を持っています。


ビットコインと政府関係者

12月1日Arun Jaitley財務相の発言

『インドは現時点では合法的な入札者としてビットコインを検証していない』
『仮想通貨取引所は、まだインド準備銀行(中央銀行)によって「緑の光(青信号的な意味)」が与えられていない』と述べている。

インドのビットコイン支持者は、政府が今後ビットコインに対して、どんな決定を行うのかわかりません。

しかし、インドの主要な取引所・ユーザーからは『ビットコインの合法化を求める15,000以上の署名』が提出され、今後の政府の対応に注目が集まっている。

ウホー ユーザーは前向きウホね!

ビットコインや他の仮想通貨のメリット・利便性を知ると、今までの現金や銀行のやり取りがバカバカしく感じてしまう部分もありますもんね。

それにしてもユーザーが「倍プッシュ」ってすごいウホー

現地の報道だと「ビットコイン・フィーバー」的な雰囲気で報じられています。
いわゆるお祭りムードだと、それに乗じた詐欺などもたくさん行われますし、政府の立場としては難しいでしょうね。

あれ?インドって言えば…なんか忘れてる気がするウホ?

ん?あぁ…以前記事にしたコレですかね?

インドのみんな!政府主導の仮想通貨も忘れないであげてくださーい!ウホっ♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す