インド・クリプトジョブの成長

仮想通貨に関連する雇用の成長

グローバルな求人サイト〔Indeed〕インド支店によって報告されたデータによると、インドでの仮想通貨・ブロックチェーン技術に関連する求人の件数は、2017年11月までの6ヵ月間で290%増加しました。
同期間の、仮想通貨関連のキーワードによる求人検索も52%増加しており、求職者の大きな関心を集めています。

IndeedのマネージングディレクターであるSashi Kumar氏は、この分野がまだ初期段階にあると指摘し、今後ブロックチェーン関連製品およびサービスの世界市場はさらに大きく成長すると予測しており、『将来的にはさらに多くの雇用が創出されることを示している』と考えています。

インドと仮想通貨

財務大臣のJaitley氏が最近も確認する意見を出したように、仮想通貨は国の法律上の入札ではありません。

インドの仮想通貨コミュニティは、利益および取引の課程について、より明確になる事を望んでいます。マイニングに投資する企業や、取引に関わる企業も政府からの明確な指針を求めているのが現状です。

インド政府は、仮想通貨そのものと、その法的影響を研究した後、規制の枠組みを提案する特別委員会を設立することで対応した。
新しい規制は3月末までに提出される予定です。


仮想通貨に関連する雇用の成長

インドの労働市場の成長は、特別なケースではなく、世界的な傾向の一部であり、他の求職・雇用に関係するウェブサイトでも仮想通貨関連の雇用が大きく成長している事が報告されています。

雇用者とフリーランサーを結ぶ世界的なプラットフォームであるオーストラリアのFreelancer.comは、2017年の第3四半期に82%の成長を記録しました。

英国に本拠を置くPeopleperhour.comによる調査によると、昨年、ブロックチェーン開発、仮想通貨、ICOの専門家に関連する案件が500%以上急増したと明らかにされています。

ヘー!けっこうすごい勢いウホね!

特に2017年は仮想通貨が多くの人に認知され、関連事業に参入する企業も増えましたからね。
当初は「あやしい・うさんくさい」といったイメージを持つ人が多かったですけど、最近ではだいぶ認められてきたように感じます。

なんか、みんなが仮想通貨を見る目が変化してきた気がするウホね

そうですね。一昔前は「規制」と聞くと阿鼻叫喚の地獄絵図のようなイメージが先行していたりもしましたけど、今回のインドのように、投資家や企業から「早くカチっとしてくれ」という要望が出るのは、実はスゴイ事じゃないかなって思います。

たしかに!ちゃんと規制するのが大事って空気になってきたウホね♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す