イラン・ビットコインの新しいインフラを計画

ビットコインの新しいインフラを計画

イラン政府は、ビットコインユーザーのための新しいインフラストラクチャを実装する予定です。

現在、アメリカとイランの関係は、2015年に米欧露など6か国とイランが結んだ核合意についてドナルド・トランプ氏が『最悪の取引』と非難した事からも知られているように、停滞している状態だ。

イラン・イスラム共和国(通称イラン)は、財政、エネルギー、さらには海運市場など、多くの経済産業に影響を与える国際的制裁の影響をまだ受けている。

ビットコインで経済制裁を回避する

イラン政府は、ビットコインを経済措置を回避する為の支払いプラットフォームとして選択した。

仮想通貨が持っている最大のメリットの中には、決済を企業や政府のように中央集権的に管理・監督する事ができないという点がある。

イラン市民はBitcoinで経済制裁を容易に回避し、国際取引を行うことができます。

経済制裁ってどんなことするウホ?

すごくザックリ言うと、その国が必要な物資を外国から輸入するのをストップするようなイメージです。
[経済]という言葉から金融に特化したものだけと思われがちですが、その国が必要な『輸出入を止める』という解釈をするとわかりやすいと思います。

もちろん様々な制裁の形があるので、輸出入の制限は一例ですけどね。

なるほど~、そういえば北朝鮮も制裁の回避にビットコイン使うってニュースあったウホね?

そうですね。経済制裁そのものへのYESorNOは、政治的な話なので言及しませんが、回避する手段としてビットコインが用いられているという話です。


イランとビットコイン

最近のカスピアン・ニュースの記事によると、イラン政府はすでにビットコインとその市場での潜在的な利益に関する調査を行っている。

イランの情報通信副大臣Amir Hossein Davaee氏によると

『通信と情報技術省はすでに、ビットコインを国内で使用するインフラストラクチャの準備の一環として、数多くの研究調査を実施している』

『ビットコインの活動には資金の創出も含まれているため、イラン中央銀行は基本ルールを定め、関連する活動を監督する必要があります』

ホホー ある意味、経済制裁がビットコインの普及に繋がってるウホね~

政治的な話はともかく、ひとつの国が経済制裁を回避する為の選択肢としてビットコインがあるという事実がスゴイですよね。
これが数年前なら「ビットコイン?なにそれ」という話ですからね。

そっか!そう言われてみれば、すごく広まったウホね~

今後も世界各国に広まっていくでしょうし、様々な国の人々に、なるべくなら平和的な形で浸透していく事を期待したいですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinmarketinsider.com


スポンサーリンク

コメントを残す