アフィリエイトの新しいカタチ?サイト訪問者のCPUで仮想通貨「Monero」をマイニング

トレントサイト「The Pirate Bay」では、閲覧者がサイトのコア部分(ダウンロードページ等)の特定のページに到達した際に、HTMLファイルに含まれるJavaScriptにより強制的にCPUマイニングに参加することになる。

このマイニングした仮想通貨はサイト運営費に充てられるんだとか。

確かにMoneroはCPUでもマイニングできるウホ

実際にサイト訪問してみましたが、タスクマネージャにあまり変化が見られませんでしたねえ。
それにしても、ブラウザで動かせちゃうJavaScriptって改めて怖いですね。


torrentファイルって?

凄い簡単に説明するとP2Pファイル共有に必要となる、クライアントソフトと接続ファイル。

フリーソフト等の合法ファイルを素早く配布するため等に使われているのですが、違法ファイルの温床になってるようです。

まぁ・・・あんま触れない方が良いかもしれません。自己責任でどうぞ。

問題点

サイトポリシー等の通知ページが必要

サイトのコアページ(つまりダウンロードページ)滞在時はCPUと電気代を使わせて貰って、マイニングさせて貰いますよ~。という通知が必要でしょう。

PCであればCPUの使用率が高くなっても、あんまり気にならないですけど・・スマホだとゴリゴリ電池が減っていくだろうから、明らかに違和感があるでしょうね。

効率悪くね?

恐らくCPUでMONEROを掘ろうとすると1日頑張って日本円で5円とかだっけな?

相当なアクセス数と、それなりの滞在時間が必要になりますね。

実際のところどうなんでしょ

「ユーザーが便利なウェブサイトを利用する際には、その対価があってもいい。」

こう思うのはサイトの運営者だけかもしれないけど、あったら嬉しいしモチベーションになります。

当サイトはお陰様で日々の煙草代程度は出てます。皆さんご協力有難うございます。
サイト収入が0円だと・・・自己満足ならそれで良いですけど、少し寂しいですね。

通知の問題等がありますが、アクセスが利益に繋がるという意味で今後のビジネスモデルとしてはアリなのかもしれません。

wikiなんかも、広告出したくないならこいうの検討したら良いんじゃないですかね。


スポンサーリンク

コメントを残す