ちゃんと考えてたんだね!消費税増税に伴うキャッシュレスの優遇措置

意外と本気で考えられていた「キャッシュレス推進」

来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げについて、検討されている対策があるようです。

小売店での商品購入時にキャッシュレス決済を使った消費者に対して2%分をポイントバックする予定なんだとか。

なるほど~!

ちゃんと考えていたなんて意外ですね!てっきり具体案はナシだと思っていました。

キャッシュレス推進の切り札となりそうです。

これなら顧客は否応なしにキャッシュレスに対応せざるを得ないですねえ。

前回消費税5%から8%への増税時に消費が大きく落ち込み、景気に大きな影響を与えた反省を踏まえて、今年年末にもうすこし具体的な案件を検討するそうです。

増税されるとどうしても消費欲はなくなるウホォ

大きな買い物はしたくないですね!

生活に近い部分で消費税の増税分が免除されるのは非常に大きいと思います。

ちなみに差額2%分の還元はクレカ・電子マネー・スマホ決済が対応メインとされているようで、それらの発行されたポイントについては国側が補助する予定なんだそうです。

キャッシュレスにより削減された国のコストをそれらの補助に回すことができますからねえ。

消費者は良いとして必要末端は?

商売している側は気になるところです。

今のところは必要な末端を配布する予定なんですって!

これは思い切ったウホォ

関連費用は数千億円規模になるようですが、今までキャッシュレスを推進しながら具体的に何もやってこなかった国の責任なんじゃないですかねえ。

個人的にキャッシュレスに向けて末端を導入しようと、色々と掛け合いましたが審査が凄い面倒なんですね。

おまけにアレはダメ。コレはダメ。いちいちうるさい。

殿様商売かよ

LinePayなんかは使いやすそうですけどね!楽○ペイやAi○Payは審査が本当に面倒。

・時間が掛かる

・決済手数料はキッチリとられる

・NGな商売がある

・導入コストはあったりなかったり

・現金引き出しの際は引き出し手数料

規模が大きければ別かもしれませんが、現状は経理コストや客側のメリットを考えてもマイナスの方が大きいような気がします。

これらの具体案が進めば、キャッシュレス社会が一気に加速しそうです。

個人的には仮想通貨がくれば良いなぁと思っている

 

実際のところNEMなんか使うと、本当に早いしラクなんですよねえ。

nem関連アプリは非常に使いやすいので広まればいいなぁと思っています。

しかし仮想通貨取引所の対応がポンコツだったり、ボラリティ(法定通貨にたいする価値の変動)の高さから、まだ市場に入るには早熟なのかもしれません。

仮想通貨を積極的に取り入れているお店さんは応援したいですねえ。

ビットコインが使えるお店


スポンサーリンク

コメントを残す