かの有名な「ビットコインでピザ購入男」が、世界初ライトニングネットワークを利用してピザ購入

かの有名な世界初のビットコインでピザを買った男(ラズロ・ハニエツ氏)が、今月25日にライトニングネットワークを使ってピザを2枚購入した。

こういった試みは素晴らしいと思いますよ。ライトニングネットワークの実装が実現できたら、仮想通貨界隈はいっき盛り上がるでしょうね。ちなみに彼が「ビットコインで始めてピザを買った」のは2010年5月22日。当時はピザ2枚=1万ビットコインだったそうな。

1万BTCでピザ2枚!?

今で換算すると凄い価格になりますが、当時はビットコインが今日の価格になるとは中々予想できませんでしたし、昔はまだビットコインが世界に認知されておらず1BTC=1円以下でしたからね。因みに今の価格で換算すると、約100億円以上のピザということになります。

もしかすると10年後には「1BTC=100万円!?マジでお買い得じゃん!」なんて話になっているのかもしれませんし、逆になっているかもしれませんね。

ちなみに「ビットコインで初めてピザを購入した2010年5月22日」がメモリアルになり「ビットコインピザの日」と命名されています。

ハニエツ氏によれば、今回のライトニングネットワークを使った取引は「日常の取引においてライトニングネットワークでの支払が機能することを実証するもので、ピザ屋が自身のライトニングノードを使って直接支払を受けることもできる。」と話している。

ネタ扱いだと思っていたら凄い積極的な人ウホ

そうですねえ。実は引用元の記事では「16進数のうちの下4桁をドライバーに伝えて、その4桁が合えば・・・。」なんて話になってくるのですが、TXidのことでしょうかね。現段階では管理人にはよく理解が出来なかったので省かせて貰いますので、興味のある方は引用したサイトへ遊びに行ってみてください。

ちなみに記事には画像も添付されていました。仮想通貨を語る上では必ず一度は話題になる「世界で初めてビットコインでピザを買った男」さんです!管理人的にはこっちの画像が見れて嬉しかったw

画像引用元:https://cointelegraph.com/news/original-pizza-day-purchaser-does-it-again-with-bitcoin-lightning-network

ピザがでけぇよ!

だから太るんだよ!と言ってやりたいですが、幸せそうで何よりです。写真の右下に醤油が写ってますね。侮れない男です。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す