えっ?ええ・・っ?ノアコイン(NOAH COIN)がhitBTCに上場してICO価格の6.5倍?

ノアコインって?

大量の出資者を怪しい手法でかき集めていたノアコイン。「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」という目標を掲げたノア・プロジェクトを発表して資金を集めていました。

何で詐欺だとされていた?

フィリピン政府がバッサリ否定

在日フィリピン大使館の公式ページでの発表で

ノアプロジェクトとフィリピン政府は全く関係なく、中央銀行も関係ない。このノア・プロジェクトの登録している住所に会社は無い。よって注意するべきだ。

大使館の公式ページでそのような発表があれば・・・かなりのダメージ。

「フィリピンの社会問題を!フィリピンの経済成長を!」なんてコンセプトなのに、フィリピン政府が関係性をバッサリ否定したわけですから。詳しくは上のリンクから。

広告塔の「泉忠司」という人がなぁ

ADAの時もそうだったんですが・・情報商材屋をやっていたり、公式サイトをみていると見れば見るほどちょっとアレなんですね。

バブルです!絶対儲かります!」の人。

一生懸命やっている人を否定する気はないのですが、そもそも「バブル」の意味が違うし「絶対億万長者になれます!」なんて言われたら、怪しい人だ・・・と思わない人は居ないような。

調べれば調べるほど「う~ん?」といった感想だったので、距離をとってしまう。しかし今回のノアコインもADAも上手く上場しているので、広告塔として実力者なんでしょうか?よく分かりません。

※泉忠司オフィシャルサイト

だってそれ、ノアコインじゃくて良くね?

フィリピンは出稼ぎ労働者が多く、国際送金手数料が高い!だからノアコインで送金しよう!」といった理念が大々的にうたわれていました。

他の仮想通貨でもいいような?

そう。ノアコインである必要はないですよね。

BTCはアレだけども、アルトコインを使えばサクサク送れるし。そこをわざわざノアコインを使う人って居るんでしょうか?という疑問。

提携しているはずの大企業から「無関係」とバッサリ

ノア・プロジェクトの一環としてノアコインで集めたお金で「ノアシティ」というリゾート街を計画していて

「フィリピン航空と提携を結んでいる!」とか

「フィリピン財政界のルシオ・タン氏が協力を申し出てくれた」

なんて例の泉忠司氏が発表していたのですが両者から「一切関係ありません」とバッサリ。

ついでに「PNB(フィリピン・ナショナルバンク)」からも「取引関係も協賛の事実もない」とバッサリ。

あ・・・怪しい

ノアは上記の発表から希望者に返金手続きを開始。マトモな思考回路であれば上記のニュースを受けて「嘘ばっかじゃねぇか!返金しろバカヤロー!」となると思うのですが、持ち続ける人もいたようです。

しかしICOで集めた潤沢な資金があれば、資金で事実を後付けすることも可能です。

事実を作って価格を吊り上げ、プロジェクト側で保有しているノアコインを売る(ロックアップはされていない模様)。更にそこから得た利益で、次の事実を作る。といったことが可能です。

例えば海外の仮想通貨取引所だってお金を積めば上場できます。一般的に「上場=良いニュース」なので、期待も価格も上がります。

更に集めた資金で買い支えることも可能です。

もしかすると、売り抜けのタイミングを狙っている大きなクジラが潜んでいるのかもしれません。管理人はそこまで情報通ではないので、恐ろしくて手が出せません。

hitBTCでは順調な値動き

どこかに仕手が仕込まれているかもしれないと警戒してしまい、怖くて手が出せませんが「信じる者は救われる」という意味では「ノアコインを信じた人は救われた(利益を出すことができた)」のも事実。

hitBTCのチャットを見ていると外国人の間ではほとんど話題になっていませんが、どういった理由からこのようになっているのか。今度どのような動きがあるのか、追って注目したいと思います。

管理人が乞食したAPECも値段が付くウホ?

う~ん。。「ねぇよwww」と言い切ることが出来なくなりました。一方HEROは1/1000近い価格で取引された等のニュースも入っています。

※ASECを乞食した記事

管理人は「賛同できる・信頼できる」と思えるICOにしか参加する予定はありませんが「単純に利益を求める」という意味で限って言えば、どのICOも運営次第であって可能性はゼロじゃない。

・立派な事を言っておいて、資金を集めるだけ集めてトンズラICO

・中身はスカスカでも、上手く立ち回ってトークン価格を値上げ後に売り抜け

・一生懸命動いているが、賛同者や宣伝力不足で埋もれるプロジェクト

・有名人を広告塔にして、お金を上手く集めて事実を後付けするプロジェクト

ICOって奥が深いなぁ。と思うのです。


スポンサーリンク

コメントを残す