【SegWit2x】無期限中止

SegWit2x無期限中止

SegWit2x用ビットコインウォレットサービスBitgoのCEO:Mike Belsheは、2017年11月中旬に予定されていたSegwit2xのハードフォークが、コミュニティの*コンセンサス不足により無期限に中止される事を発表しました。

※コンセンサス⇒意見の一致・合意

この決定は、Mike Belshe氏が電子メールで発表したものです。
プロジェクトの指導者の1人でもある彼は、ビットコインのスケーリング提案は、議論の余地があると主張しました。

Segwit2xってなに?という方はコチラから

※無期限中止発表前の記事です。


スポンサーリンク

報告された電子メールから要点を抜粋

Google翻訳⇒意味が通じるように編集したものです。

全文をGoogle翻訳した画像は、一番下に貼っておきます。

私達の目標は常にBitcoinの円滑なアップグレードでした。
我々は、大きなブロックサイズの必要性を強く信じています。
信じる事と共に、コミュニティを維持する事はさらに重要と考えています。

残念ながら、現在のところ、クリーンなブロックサイズのアップグレードには十分なコンセンサスが構築されていないことは明らかです。
その状況で現在の方針を継続する事は、コミュニティーを分裂させ、Bitcoinの成長を妨げる可能性があり、それは決してSegwit2xの目標ではありません。

カウントダウンサイトはこの表示


かなり強い表現してるウホね…

SegWit2xを支持し、期待していた人からすれば今回の決定は残念無念ですからね。
その人の立場によって、今回の発表がどう受け止められるのかは千差万別ですから。

とりあえずSegWit2xは無しになったと思っていいウホ?

今後さらに情報が出てくるとは思いますが、ひとまず現状では[中断]であり、今後にSegWit2xのプロジェクトが再開する可能性は否定されていません。
ただ…「一度ミソがついた」形での中断ですし、誰もが安心して支持できるくらいのレベルまで準備をしないと難しいかもしれませんね。

ひとまず、今回の記事はSegWit2xの中断を緊急報告させてもらいました!

(`・ω・´)ゞ


メール全文

《翻訳前の原文はこちらから⇒lists.linuxfoundation.org

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
lists.linuxfoundation.org
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す