【B2X】segwit2x は偽物?コミュニティは懐疑的

【B2X】segwit2x コミュニティは懐疑的

ブロック数[501451]で予定されている《segwit2x

海外情報サイト[ccn.com]では、今回の segwit2x プロジェクトに対し、懐疑的な意見が報じられています。

segwit2xはAltcoin?

ccn.comから抜粋して訳したもの》

SegWit2x(B2X)プロジェクトを詳しく見てみると、Bitcoinプロトコルをアップグレードするのではなく、Bitcoinブランドを扱う別のAltcoinを作成することが明らかになりました。

さらに、開発者はリプレイ保護とユニークアドレス構造を実装しています。これは、B2XがBitcoinではないという暗黙の承認です。
元々の(中止前の)SegWit2xの主張者によって表現された姿勢からの大きな転換です。

ホハー 前のB2Xとすごい違うと思ったけど、新しいコイン作るような話ウホ?

そうみたいですねぇ。管理人も技術的な話はサッパリなので正直よくわかりません。

[ccn.com]では、どちらかと言うと技術的な話よりも『プロジェクトそのものの信頼性』について大きな疑問を投げかけています。

え!またそんな感じウホ?フォーク祭りそんなのばっかウホー

スポンサーリンク

開発メンバーうさんくさくね?

昨日まで、segwit2x公式サイトには、プロジェクトの中心人物として3人のメンバー[Jaap Terlouw・Donna Khyuz・Robert Szabo]が掲載されていました。

ccn.comによると、3人のメンバーの経歴に疑わしい点があるとしています。

Jaap Terlouw

彼のLinkedIn(ビジネス特化型SNS)では、彼自身がsegwit2xの開発者・アドバイザーであるとプロフィールを作成していますが、彼のbiography(経歴・略歴)には、ブロックチェーン開発や関連するコーディング経験はありません。

Donna Khyuz

彼女は現在、自身のInstagramのプロフィール上で、「暗号開発者・ICO&ブロックチェーンエキスパート」を自称しています。

しかし、アーカイブされた過去のInstagramでは、自身を「モデル・ダンサー・女優・ビジネスウーマン」とPRしています。
これはたった『たった一週間での劇的な経歴変化』であり、コミュニティに大きな疑問を生じさせました。

まさに女優ウホね…
Robert Szabo

彼はLinkedInで詳細な経歴を明かしていますが、コーディングやブロックチェーン技術関連については、ほとんど示していません。


今日になって、segwit2x公式サイトには新しい2名のメンバーが追加されました。
これはおそらく、ユーザーへの信頼性を高める目的であると考えられます。

ウハー 要はいろいろツッコミされて、やばそうだからフォーク直前でメンバー追加ウホ?

それは管理人にはわかりませんが、今になって急いで追加するのは不自然に感じますね。
昨日に公式サイトを見に行った時は、メンバーが3人だったんですが、見事に5人になっていてサイトの他の部分も少しレイアウトが変更されていました。

フォーク直前になって公式サイトにメンバー追加とか、どんだけバタバタしてるウホ…

RedditではB2Xへの疑惑が高まる

※Reddit⇒日本で言うところの2ちゃん(5ちゃん)的な掲示板。ただし、2ちゃんねるほどアングラな立ち位置ではない。

Redditでは、多くの投稿者が矛盾点や不審を生む情報をあげ、B2Xのフォークを疑問視する声が高まっている。

真偽は不確かではあるものの、LinkedInの偽アカウントを作成している、サイト上に公開せずに200,000コインのプレマインを行っているなど、ソースとなる情報が添えられて提示されている。


segwit2x ってやべぇやつなの?

海外情報サイト[ccn.com]では、segwit2xが仮想通貨コミュニティに対し、『疑念を抱かせるに十分な情報がハッキリとあります』と報告している。

ccn.comから抜粋して訳したもの》

CCNのチームは、読者に対し、正直で徹底した偏見のない報告を提供する義務を負っています。
記載された情報により、segwit2xに対して読者のみなさんがどのようにアプローチするべきかについて、知識と教養豊かな決定を下すことを願っています。

ぐぇっwこれ…要は「ほとんどサギ」って言ってるのと同じウホね?

「ここまで説明すればわかるよね?」というオーラが漂ってますね…。

もちろん、他の情報サイトでは普通に「B2Xフォークするよ~」的な記事もUPされているので、ccn.comの報告を100%鵜呑みにするのは微妙ですけども、segwit2xに対しては慎重に対応した方が良さそうですね。

慎重に言っても、どうしたらいいウホ?

取引所に置いておくだけなら普段と変わりませんし、自分が信頼できると思っている取引所なら特にする事は無いでしょう。

ただ、付与された後の移動や取引、対応するウォレットを導入するかどうかは『全力で注意して慎重に』行動するべきだと思います。

らぢゃ!新しいもんは要警戒するウホ!

特にB2Xが付与されてからの取引は、慎重に行いたいですね。
値動きを見て焦ってしまう気持ちはあると思いますが、「もともとタダで付与されたもの」だと割り切って、焦らずに情報をしっかり集めてから動きましょう!

迷ったら《安全第一》ウホよ!!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
ccn.com
ccn.comその2
http://b2x-segwit.io/


スポンサーリンク

コメントを残す