【フォーク予定】Lightning Bitcoin参上!

雷より速いぜ?Lightning Bitcoin

海外情報サイトによると、Lightning Bitcoin[LBTC]のフォーク予定が報じられています。

このプロジェクトはヨーロッパの『Lightning』チームによって開始され、ブロック数《499,999》でフォークを予定しており、日時の目安は12月23日前後という事です。

もうお腹いっぱいウホーー!!

スポンサーリンク

なぜLightning=雷?

LightningチームはLBTCの送金速度を雷と同じくらい早くする事を目指しています。

ライトニングネットワークと関係があるワケがりません。

チームはDPOSというシステムを採用し、それを実現するとしています。

Lightning Bitcoin公式ページ

(※この公式ページは3分で読めます)

公式ページからの抜粋

LBTCはDPoSコンセンサスメカニズムを採用します。

(ビットコインの)PoWアルゴリズムによってもたらされる負の中央集権効果を相殺するための技術的民主主義を実装している。

その結果、トークン所有者の手に投票権が与えられれば、真の分権化を実現できます。

これにより、トークン所有者の収益性とネットワーク効果を最大限に引き出し、サイバーセキュリティを維持し、ネットワークを運用するコストを最小限に抑えます。

参加している検証ノードの数を大幅に削減することで、LBTCはコンセンサスを数秒で達成し、トランザクションのスピードを大幅に上げて稲妻ほど高速にすることができます。



雷のように高速で市場から消えたりしないウホ?

そればかりはなんとも…。セキュリティ面であれこれと問題が報告されているビットコインゴールドでさえ、かなりの時価総額になっていますし、2匹目のドジョウを狙って12月はたくさんのフォークが予定されています。
DPOSのシステムに関しては…今後機会があったら詳しく調べようと思いますw

いちおう聞いておくけど、これもアッチ系ウホ?

Lightningチームの公式ページに紹介されているチームメンバーは『中国のコミュニティリーダー』としてジャック・チャン氏が紹介されていました。

公式サイトでは交換をサポートする取引所が紹介されていますが、中国系の取引所が多い印象でした。

もう完全にICOの代わりにフォーク乱発してる気がするウホw

最近、管理人はハードフォーク関連で公式ホームページを見に行く機会が多いんですけど、感じた事があります。

どこの公式HPもデザイン似すぎ!

サイトデザインを使い回してんじゃねーのかと言いたくなるくらいです。

ゴリも完全に飽きた感があるウホw

記事を届ける側の私達がこれだけ食傷気味なんですから、閲覧してくれるみなさんはどういう印象なんでしょうね?

なんか似通った記事ばかりになってしまいそうだから、Twitterで見かける絵の上手な人にでも、全部のフォーク予定コインを擬人化して戦隊とか組ませたいですね。

…それ番組後半でちゃんと合体できるウホ?

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
lightningbitcoin.io


スポンサーリンク

【フォーク予定】Lightning Bitcoin参上!” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す