【アルトコイン】ライトコインをふわっと解説

ライトコインをふわっと解説

仮想通貨取引所で目にする、Bitcoin以外のコインをアルトコインと呼びます。

多くの種類があるアルトコインの中で、安定した知名度と時価総額を誇っているのが《ライトコイン》です。

今回は、このライトコインにスポットを当てて、専門用語を出来るだけ使わずにふわっと解説していきます。

ライトコインって何だ?

ライトコイン⇒Litecoin

通貨単位は⇒LTC

ライトコインはビットコインと同様、決済用の仮想通貨です。

ビットコインのシステムと共通する部分が多くあり、ビットコインが金に例えられるのと同様に、ライトコインは銀に例えられる事があります。

ビットコインと同様に中央管理する団体や組織が存在せず、全世界のマイナー(マイニングを行う人)が、ライトコインのブロックチェーンを作成します。

んじゃビットコインの2番煎じって覚えればいいウホ?

2番煎じと言うと、明らかに1番より劣っている印象になるので適切じゃないですねw

ライトコインの最も大きな特徴として挙げられるのは、トランザクションの確認に必要な時間です。

日本語でよろウホ

…トランザクションとは送金したり、受け取ったり、決済したり、それらの《取引した履歴》です。

以前の記事でゴリさんも勉強しているので、絶対にわかっているとは思いますが、念のために説明すると…

ビットコインでは、行われた取引の整合性をマイニングという作業で確認し、承認する事でブロックチェーンに記録されます。

ビットコインは取引の記録に、10分の時間が必要です。

ライトコインはこの必要な時間が、2.5分とされています。

ウホッ!4倍界王拳ウホホーー!!

そう。ビットコインに比べて取引完了までの時間が短い事がライトコインの大きな特徴です。

トレードなどで、素早い取引の完了を希望する人には、この時間短縮は魅力的ですよね。

ウホー、でも4倍界王拳したら、ゴクウみたいにスタミナ切れて動けなくなったりしないウホ?

スタミナの話とはちょっと違いますが、ビットコインで必要な10分という時間は、安全面も含んで設定されている時間です。

それに対してライトコインは2.5分ですから、当然ながら安全面に対して疑問視する意見も一定数あるのは事実です。

とはいえ、家電品にしろ車にしろ、私達の身の周りの物は常に性能をUPして進化していくものですよね。

車やバイクだって、昔よりスピードを出せるようになった分、エアバックやABSなどの安全に関わる装置も進化して現在に至っています。

いままでより早い=危険だ!という形に当てはめてしまうのは、個人的に早計な気がしちゃいますね。

ゴリもいつでも界王拳出来るようにトレーニングするウホ!

総発行量も違うよ!

ビットコインは発行されるコインの総量が2100万枚と決められています。

それに対してライトコインの総発行量は8400万枚です。
ゴリさん何か気づきませんか?

4倍界王拳ウホ!

正解!ライトコインは取引の確認に必要な時間がビットコインの1/4です。つまり、新しいブロックを作る時間が1/4なので、ビットコインに比べて4倍のコインが新規発行されるわけです。

1枚で4倍おいしいウホ?

どっかのキャラメルみたいな言い方ですねw発行量が4倍だからと言って、1枚あたりの価値がどうなるかは、これからの市場の動き次第です。

4倍の量が発行されるから単純にお得ってわけじゃないですからね!

まとめ

ライトコイン最大の特徴は、取引にかかる時間がビットコインに比べて短いことです。

ライトコインの取引に必要な時間が短いからといって、安易に危険だと結論を出すのではなく、しっかりと情報を集めて見守っていくのが重要だと思いますよ!

今回は初心者用ということで、できるだけふわっと解説させていただきました。


スポンサーリンク

【アルトコイン】ライトコインをふわっと解説” に対して 4 件のコメントがあります

コメントを残す