『仮想通貨は脅威』バンク・オブ・アメリカ

『仮想通貨は脅威』

世界最大の金融機関の1つとして知られるバンク・オブ・アメリカは、米国証券取引委員会への報告書の中で、主要な銀行や金融機関のビジネスモデルにとって仮想通貨が「脅威」としてレポートしています。

銀行と仮想通貨

バンク・オブ・アメリカは、ビットコインや他の仮想通貨の登場が、既存の銀行・金融機関がそのサービスを更新し、新興市場における「仮想通貨との競争力」を維持する為に相当なコストが必要になるとしています。

「インターネットサービス、仮想通貨、決済システムなどの新技術の普及は、既存の製品やサービスを変更または適応するために多額の支出を必要とする可能性がある」と述べている。

競争してサービスが良くなるのは利用者にとっては嬉しい気がするウホ


仮想通貨のマネー・ロンダリング対策への懸念

この報告書では上記の内容に加えて、仮想通貨やその技術が、資金の追跡に深刻な課題が存在するとし、マネー・ロンダリングに関する規制を遵守しにくい可能性があると報告しています。

この観点から、バンク・オブ・アメリカは、顧客がクレジットカード決済で仮想通貨を購入する事を禁じる銀行グループの1つです。


仮想通貨だからマネロン危ないってのは、なんか違う気がするウホ…

ですね。仮想通貨が台頭する前にもマネロンは行われているわけで、既存の金融システムだろうが仮想通貨だろうが『やる人はやる』というだけの話だと思います。

資金の追跡が難しいという主張もわからなくはありませんが、そもそも既存のシステムでもちゃんと追跡出来てないからマネロンされてるわけで。

そんなら送金手数料安い方がいいってゴリは思っちゃうウホ

管理人としては、金融機関と仮想通貨がお互いに良い意味での競争相手として、サービスの向上なりをしてもらえたらなぁと思います。
銀行などと並べて比較するのはちょっと違うかもしれませんが、やっぱり取引所なんかは利用者のサポート面などは、銀行やカード会社に遠く及ばないと思いますし。

あ~たしかにそうウホね、日本の取引所なんか返信めっちゃ遅い気がするウホ

重要じゃない質問などは数日後に返信されても別にかまいませんが、入出金などお金に関わる内容で1週間以上空いて返信がきたりしますからね。
もちろん全部の国内取引所がそうでは無いでしょうけど。

送金手数料についても、仮想通貨でその恩恵を受けるためには、各々の通貨の特性と管理方法を学ばないといけませんし、その手間と天秤にかけると…。

使い慣れない人とか、たまに送金するだけの人は金融機関の方がイイかもしれんウホね

最近は仮想通貨の投資面がクローズアップされていますが、送金・決済手段としてもっと定着するようなイメージというか「雰囲気」が大事ですよね。

初心者さんでも安心してトレードできる「雰囲気」マジ大事ウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す