「Looopでんき」がマイニング向け料金プランを発表

「Looopでんき」がマイニング向け料金プランを発表

再生可能エネルギー供給業者であるLooopは、ビットコインや他の仮想通貨マイニング向けにコスト削減を目指した電力計画を発表しました。

この計画では、東京電力管内で、ある一定量までの電気使用を定額で提供します。

スポンサーリンク

Looopってどんな会社?

株式会社Looopは、東京に本社を置く再生可能エネルギー供給会社であり、電気小売りサービス、自然エネルギーを使用した関連サービスの提供等を行っています。

同社は、2011年3月に東日本大震災での被災地ボランティア活動から誕生し、太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱発電などの製品を提供している。
2016年の電力自由化以降、電力の小売り市場に参入し、現在では5万5千以上の家庭に電力供給を行っている。

マイニング向け料金プラン

株式会社Looopは、東京電力エリア内で、マイニング向けの電力計画「マイニングフラット」を発表し、10月下旬に申込開始受付を予定している。

LooopHPより抜粋

仮想通貨のマイニングを行っている需要家向けプランです。
ご契約1kW相当(10Aまたは1kVA)につき、月額最低料金6,170円(※30Aの場合18,510円)をお支払いいただくことで、毎月250kWh(※同750kWh)までは定額でご利用いただけます。251kWh(※同751kWh)以上は、1kWhあたり22円の従量料金でご提供いたします。

IT系ニュースサイトの見積もりによると、3kW契約の月間電気料金は、同程度の料金プランより16.9%安くなるという。

ウホー、マイニング専用の料金プランウホね!

管理人は電気関係の知識がサッパリなのでピンとこないんですけど…これってけっこう安いんですかね?
マンションなんかだと普段の生活で使う電気で250kWhの大半を使ってしまいそうになるので、マイニング専用に契約する事になるのかな?
素人でもわかるようなページを探したんですけど、見つからなかったので、10月下旬までに楽しみに待っておきますかw

やっぱマイニングって相当電気喰うウホ?

管理人の環境はマイニング専用にしたPCにグラボ2枚挿しでまわしてる状態ですけど、それでも「冬はこの部屋に暖房いらないんじゃ?」と思えるくらいですかねw
真夏はPC+扇風機で送風してた感じです。
明らかに現状より安くなるなら切り替えも検討したいですねぇ。



日本のマイニング環境

日本企業は続々とマイニング市場に参入している。
GMOインターネットはマイニングへの参入とASICチップ製造計画を発表し、スカンジナビアにマイニング施設を建設する為、100億円の投資を行った。

DMMグループでは「国内事業者に負けない大きな規模で、メイドインジャパン品質のマイニングファームを運営する」とし、日経新聞によると、DMMグループは100億円規模の設備投資を計画しているという。

SBI HoldingsとMonex Groupの大企業2社についても、ビットコイン鉱業事業を開始したと報じられている。

株式会社Looop代表取締役社長 中村創一郎氏は『日本では電力コストが高いため、マイニングが市場に浸透しにくい。この価格プランを提供して国内マイニング企業を支援したい』と語った。

なにげにマイニング盛り上がってるウホね!

マイニング好きとしては嬉しい限りですが…欲を言えば国内でもっと盛り上がって欲しいですね。ビットコインや仮想通貨の周知にも繋がりますし、いままで関心が無かった人が仮想通貨を知るキッカケになってほしいと思っています。

もっと個人が気軽にやれる環境欲しいウホー

家庭菜園で野菜を作るのと同じようにマイニングで利益を出せれば最高ですよね。変な話、ニートでもできるわけですから自分でそこそこの利益を出せれば、環境の変化にも繋がりますもんね。
マイニングが特別なものじゃなく、趣味の1つとしていろんな層に浸透したら嬉しいですよね。
お年寄りなんかも天気のいい日は家庭菜園、雨の日はマイニング機器のメンテナンスみたいなw

お年寄りにIT系浸透させるの大変そうウホ…

個人的には「お年寄りこそネットやるべき」だと思うんですけど、なかなか難しいですよね。ディスプレイの中とはいえ、世界各国に話し相手もいるし、年長者の昔話とかネット配信したら意外に聞きたい人は多いんじゃないかなーと思うんですけどね。
「ワシはこの道何十年じゃ!」みたいな人に専門分野の話をしてもらったりしたら深い話が聞けると思ったり。

いろんな方面から関心を集められるように、マイニング業界にはがんばって欲しいウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す