「キャッシュレス」って進んでますか?メリットとデメリット

キャッシュレスって進んでますか?

最近こんなことがありました。

おっすー!
あれ?手ぶら?
外出する時は携帯とスイカしか持ってないよ
えっええ~っ!?

最近はモバイルスイカに対応してくれるお店が多いので、管理人はちょっと外に出かける時はスマホのみもしくはスイカカードを持って出かけています。

 

だいぶ浸透したウホォ

そうですね~。

最近は対応店舗も増えてきたのでかなり便利ですが、時々困るので最低限の現金だけは持つようにしています。

日本政府はオリンピック・関西万博に向け、電子決済の普及を進めていくと発表しており、2025年までにキャッシュレス比率を4割程度を目指すとのこと。

まぁ・・無理だろうな

無理だと思いますよ~。

外国人観光者を目当てに東京オリンピックを目安にキャッシュレス決済の普及が盛り込まれていました。

・商店街や観光地などにカード決済末端の導入

・クレカが利用できるATMの設置

・年金や国保、税金の電子納付

先程の2025年までにキャッシュレス比率を4割というのは厳しいかもしれませんが、既に交通機関はほぼキャッシュレス化しているので、徐々に浸透している感があります。

消費税の増税が大きかったウホォ

現金で利用しようとすると繰り上げ費用が請求されるのでスイカ等のカードを使ったほうが「お得」というのが大きい。

キャッシュレスが進んだ背景

ここ最近で急速にキャッシュレス化が進んだのは中国と言われています。

露天でさえ電子マネーが使えるほどに普及しているんだとか。これは凄いですね。

キャッシュレスが進んだ背景は「経済に大きく関わるほどの偽札流出事件」なんだとか。

「ブランドアイテム」のみならず「お金」まで偽物とはww

中国ならではという感じはありますが、偽札を警戒した結果キャッシュレスが進んだようです。

この時期に仮想通貨にも随分と中国マネーが流れていましたね。

少し極端な例ですが、こういった背景でキャッシュレス化が進んだ国もあるようです。

キャッシュレスを推進したい理由

各国がキャッシュレス化を進めたい理由をまとめてみましょう。

お金の製造・管理のコスト削減

お金の製造は無料ではありません。材料費の他、人件費が必要です。

1円玉のコストが約2~3円5円玉のコストが約7円なんて話は皆さんも聞いたことがあると思います。

これらが不要となることで、コストを大きく削減することができますよね。

治安の向上

日本じゃあまり関係ないかも知れませんが、強盗やひったくりの抑制になるかもしれません。

企業や店舗の活性化

売り上げを数値として把握できるので管理が非常にラクになります。コストの削減に大きく貢献します。

脱税や裏金の防止

これは・・・他にもやり方はいくらでもあるのですが・・現金でのやりとりという手段がなくなることで、動きが少し減るかもしれません。

他にもメリットが有るかもしれませんが、結局利用する側も非常にラクなので、うまく浸透すると良いですねえ。

キャッシュレス化の進め方

ニセ札の中国は特例として、各国のキャッシュレス化が進んだ背景や政策をちょっと確認してみましょう。

交通機関のキャッシュレス化の促進

これにより若者から老人まで、キャッシュレスに対応せざるをえない状況になります。

日本では長い歴史を持つスイカですが、こういった背景があるのかもしれません。

昔は田舎へ行くと使えなかったスイカですが、最近では使えない駅は無いほどに。

消費税の繰り上げ分が免除されるというメリットから、最近では持っていない人はいないでしょう。

各国ではキャッシュレスに対する優遇処置があるようで、これによりほとんどのお店でキャッシュレスが当たり前のようになったようです。

優遇処置があれば、キャッシュレスは一気に加速すると思うウホォ

消費税の繰り上げ分が免除されるようになってから、駅で切符を買う人を見かけなくなりました。

日本が大幅に遅れているのは「キャッシュレスに対する優遇処置」でしょうね。

キャッシュレス化したい!だけではダメウホォ

まぁ・・政治は口だけのパターンが多いですからね。具体的な優遇処置を施さないと進まないでしょう。

電子決済アプリの開発

スマホによる電子決済アプリが拍車をかけたようです。

既に電子決済アプリは多数あるのですが・・・結局どれが良いのかよく分からないですね。。

管理人はPayPalをメイン使ってますが、結局どれがお勧めなんでしょうか?教えてもらえると嬉しいです。

キャッシュレス化のデメリット

こうやって見ているとメリットしか見えてきませんが、デメリットについて考えてみましょう。

初期費用と手数料

キャッシュレス化を推めている背景であまり反響がないのは、これが一番の原因だと思います。

例えばスイカのような交通系マネーを導入sるには、提携している業者から末端を仕入れる必要があり、更に利用に際して手数料を払わなければいけません。

さらに審査や契約等の面倒な手続きがあります。

ちなみに導入費用は非公開

今では楽天ペイ・Square・AirPAY等、色々とでてきていますが、結局3%~4%の手数料がかかるんですねえ。

入金サイクルはAirPAY以外は翌日とされています。

小さなお店で導入はしんどいウホォ

他国のような優遇処置がないと、キャッシュレス化は厳しいでしょうな。

手数料がほとんどかからない仮想通貨は?

キャッシュレスをするなら仮想通貨が一番だと思うのですが、コインチェック事件があってから厳しい感じです。

仮想通貨のことをよく分からずに屈折した報道したメディアにも責任があるでしょう。

またボラリティ(値動き)が非常に激しいので、今の所は仮想通貨に対して理解のある経営者じゃないと、導入は厳しいように思えます。

PayPalの経営者も、導入にあたって仮想通貨のボラリティを問題視しているようです。

それでも仮想通貨での決済を導入しているお店は増え続けているので、皆も応援してあげてください。


スポンサーリンク

コメントを残す