中国・洪水でビットコインマイニング拠点が被害を受ける

洪水でマイニング機器が水没

中国南西部・四川省とその他の周辺地域は、6月末の大雨により発生した洪水の影響で大きな被害を受けている。
四川省は水力発電による安価で豊富な電力供給により、仮想通貨マイニング拠点が集中する地域です。

現地メディアによると、それらのマイニング拠点のいくつかは洪水によって大きな被害を受けていると報告されています。

現地の惨状は

中国の仮想通貨関連情報を扱うニュースサイト「jinse.com(金色財経)」の報告によると、現地のマイニング事業者は洪水によって数千・数万の機器が破損し、修復不可能な打撃を受けていると報告しています。

《引用元⇒jinse.com

ハッシュレートへの影響は軽微っぽい

詳細な被害数・被害額については現時点では報告されていない。jinse.comでは、今回の洪水被害とBitcoinハッシュレート(採掘速度)の低下を関連づける意見も報告されているが、blockchain.comなどのデータを確認する限り、現時点で全体に大きな影響を与えるほどの変化は確認されていないようだ。


ホワァ…1台ウン万円のマシンが泥水まみれウホね

現地メディアの報告だと、マイニング施設は比較的シンプルな作りの建物で運営されていることが多いと指摘されています。
それにプラスして、河川の近くで運営されていることも大きな被害に繋がった一因かもしれません。

いわゆる倉庫みたいな場所でやってるの多かったウホね

写真を見る限りだと、単なる水没というよりは…洪水で拠点内が崩壊したような状況なんですかね。
水没しただけならマシン修復の見込みはありそうですが、物理的に破壊されてるのが大半っぽいですね。

へ??水かぶったら全部壊れるんじゃないウホ?

いや、おそらく洪水が来る前に稼働はストップさせたでしょうし、水に浸かっただけであれば、電子基板ってほぼ壊れないんじゃないかと。

管理人はその辺チラっと経験があるんですが、ゲーム基板なんかは汚れたら普通に水でジャブジャブ洗います。
完全に乾燥させてあげれば、スイッチ入れれば普通に動きますよ。もちろん例外はあるかもしれませんが。

へー!電子機器って何が何でも水はダメだと思ってたウホ

まぁもちろん通電してる時はダメですし、濡らさないで済むならそれに越したことは無いかもですね。
今回のニュースは数日前のものなんですが、自然災害への注意喚起という意味合いで記事にしてみました。

大雨に関する警戒が呼びかけられていますので、該当する地域の人は、出来る限りの対策と、早期の避難を!

自然相手は逃げるが勝ちウホ!気をつけて!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
jinse.com
cointelegraph.com


スポンサーリンク

コメントを残す